営業職を経験したことのある人なら分かるでしょうが、独立してすぐに良い反応を得られる可能性は決して高くありません。

しかしこれからの時代はスピリチュアルの世界を学ぶことで、それほど心配せずとも仕事を請け負うことが出来るようになるはずです。

それが真の営業力と言えるものなのです。これまでの営業スタイルは、何とか客をおびき寄せ、「売り付ける」手法が主流でした。

ノルマが設定されることも多く、営業成績は各人でかなり異なるのが実情でした。つまり同様の営業スタイルを続けるとなると、独立できる人はほんの一部に限られることになります。

これでは社会全体の自由度が下がり、スピリチュアル的には悪い流れになってしまいます。

そこでお勧めするのは、営業に携わる時、相手に喜んでもらうという、本来の仕事のあり方を思い出すことです。

買い物は楽しいはずですから、相手に大いに楽しんでもらうための営業を心掛けることが大切です。

もちろん取引が成立すれば、喜ぶのは相手だけではありません。営業が成功した時の喜びも大きいはずです。スピリチュアルの世界では、ウィンウィンの関係性を重視します。共に喜ぶことが出来て、初めて宇宙の意志に従った営業となるのです。

最初はイメージできないかもしれませんが、先ずは客の立場で考える癖を付けましょう。

柔軟な想像力、共感力は訓練次第で高まってきます。

営業もそうですが、仕事全般に言えることは、不安や緊張を高めた状態で携わると失敗するということです。

例えばノルマを設定するような仕事のあり方は推奨されません。

「何としても購入させる」といった精神状態で営業しても、喜びは何一つ生まれません。客もそれを感じ取りますし、自分自身もすぐにバーンアウトするでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です