仕事の中でも営業職はストレスフルであることが知られています。しかし前時代的な営業のあり方は廃れていくことでしょう。

今後はスピリチュアル的な視点で捉えることのできる営業スタイルが主流になるはずです。簡単に言えば、これまでの営業は、客や取引相手を押さえつけることが眼目でした。

それは相手のエネルギーを奪うことであり、決して良い結果を招きません。これからは相手と喜びをシェアできる営業が求められます。

無理に購入させるのではなく、自然と客が集まってくるような営業です。このように提言すると、一部の人は「理想論に過ぎない」とお怒りになるでしょう。

しかし既にインターネットの世界では、その理想論が現実のものになりつつあるのです。企業の宣伝、広告部門も、無理に押し付けるようなやり方ではなく、注目されるような販促を心掛けるように変化しています。注目してもらえれば、後は勝手に共感者が集まってきます。

SNS等を有効に利用すれば、そうした営業が既に可能になっているのです。しかもネットの世界に国境はありませんから、世界中の人々が顧客になる可能性があるのです。

営業に携わる人は、自社のサービス、製品に自信を持っているはずです。そのポジティブなエネルギーを発散することが大切なのです。良いエネルギーを感得した人は、自然と関心を向けてくれます。

勘の良いかたはお気付きになるでしょうが、スピリチュアル的には、製品やサービスが売買されているという見方ではなく、それらに付随するエネルギーがやり取りされていると認識が重要になります。

ですからエネルギーの扱い方に長けた人であれば、特別優秀なサービス、製品でなくても、ある程度の販売実績を期待することができるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です