仕事をスピリチュアル的に捉えると、一人で成功させることはできないと気付きます。人間は誰しも二人の営みを契機として誕生します。

男性と女性、それぞれの協力無くして、人間はこの世に生まれないのです。この根本的事実に今一度立ち返る必要があります。男女関係に限りませんが、人間の本質はこの「関係性」に定められていると言っても過言ではありません。

生命は関係性から生まれるのであり、成人してからもそのことに思いを馳せながら日々の生活を送るようにしましょう。

実はこの態度こそ、仕事の上でも重要になるのです。

結論から言えば、誰一人として自分のためだけに仕事をしていません。どんなに熱中してことに当たっているのがあなた自身だとしても、そこにはパートナーの存在があるはずです。

関係性、そこから誕生する生命が無ければ、そもそも仕事という概念すら存在しません。

我々の仕事、お金、ライフワークは、全て生命の導きがあってこそ成立しているのです。パートナーとの関係は、その意味では仕事の中の仕事と言えるものです。パートナーを犠牲にしてまで心血を注ぐべき仕事などありません。

仕事の合間によく考えてみましょう。

パートナーのことを蔑ろにしていませんか。

家族を大切に扱っていますか。周囲の人々と仲良くすることが、仕事のスタートラインです。それは同時にあなたの喜びを生み出す契機となるもので、パートナーとの関係を無視して仕事に打ち込めば、充実した生活を送ることはできません。

自分の喜びはパートナーの喜びであり、パートナーの喜びは自分の喜びである・・当たり前のようではありますが、案外難しいものです。日頃から愛する人たちに気を配るようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です